外国人の手続き

入国管理法が改正され、外国人を雇用する会社が増えると見込まれています。
外国人が日本に滞在するには、その理由と「在留資格」が必要になります。
「在留資格」の取得は、会社で行うことも可能ですが、多くの書類を準備する必要があり、手続きも煩雑です。

行政書士は、「外国人手続き」のプロです!

以下でお悩みの場合、ぜひ行政書士井上さゆり事務所にご相談ください!

  • 人手不足で外国人を雇用したい…
  • 外国人の雇用に興味はあるが、不安…
  • 日本人と結婚したい…
  • 日本に住んでいる外国人と結婚したい…
  • 日本に留学しに来ているが、アルバイトをしたい…

外国人雇用に必要なのは5つのステップ!

外国人を雇用する場合、5つのステップを踏む必要があります。煩雑な手続きではありますが、一つ一つのステップを確実に進めていけば、必ず雇用できます!

①就労ビザ取得の見込みを調査する

 ⇩

②採用面接をする

 ⇩

③面接後、内定を出したら雇用契約書を作成する

 ⇩

④就労ビザの申請手続きをする

 ⇩

⑤就労ビザ取得後、雇用開始!

お気軽にお問い合わせください。045-508-0135営業時間 9:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]
※営業時間外もご連絡ください!

お問い合わせ