相続講座 第1回「相続人とは?」

行政書士井上さゆり事務所のホームページをご訪問いただきまして、ありがとうございます。
当事務所では、毎週水曜日にブログを更新いたします。

事務所の理念である「財産承継で困っている人の力になる!」を実現するため、相続や遺言書に関する情報を発信して参ります。

初めての投稿となる今回のテーマは「相続人とは?」です。
「相続人」とは、一体誰を指すのでしょうか?

民法において、次の方が相続人になると規定されています。

配偶者は、常に相続人となります。
配偶者以外の方は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

  • 第1順位 被相続人(死亡した方)の子
  • 第2順位 被相続人の直系尊属(父母や祖父母など)
  • 第3順位 被相続人の兄弟姉妹

なお、日本では法律婚が前提であるため、いわゆる内縁の夫・妻は相続人になりません。

Follow me!