民法において、次の方が相続人になると規定されています。

配偶者は、常に相続人となります。
配偶者以外の方は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

  • 第1順位 被相続人(死亡した方)の子
  • 第2順位 被相続人の直系尊属(父母や祖父母など)
  • 第3順位 被相続人の兄弟姉妹

なお、日本では法律婚が前提であるため、いわゆる内縁の夫・妻は相続人になりません。

被相続人の子

被相続人の「子」には、嫡出子はもちろん、非嫡出子も含まれます。
非嫡出子とは、いわゆる婚外子のことです。
ただし、非嫡出子が相続人となるためには、認知をされている必要があります。

したがって、被相続人と愛人の間に婚外子がいて、認知をしている場合、婚外子は相続人となります。

離婚をしている場合

離婚をしていて、前配偶者との間に子がいる場合、この子は相続人となります。

連れ子がいる場合

配偶者に連れ子がいる場合、連れ子と養子縁組をしなければ、連れ子は相続人となりません。

被相続人の直系尊属

直系尊属とは、父母・祖父母のことです。
被相続人に、第1順位の子がいない場合、直系尊属が相続人になります。

被相続人の兄弟姉妹

被相続人に子、直系尊属がいない場合、兄弟姉妹が相続人になります。

全ての兄弟姉妹は、同順位で相続する権利を持っています。
ただし、父母のどちらか一方のみを同じにするに過ぎない兄弟姉妹(いわゆる異父母兄弟姉妹、法律上「半血兄弟姉妹」といいます。)の相続分は、父母ともに同一とする兄弟姉妹(法律上「全血兄弟姉妹」といいます。)の相続分の1/2となります。