遺留分減殺請求とは?

相続による財産承継の目的の一つに、「遺族の生活保障」があります。
そこで、相続財産の一定部分を、一定範囲内の相続人に留保させる「遺留分」という制度があります。
遺留分を侵害された相続人は、遺留分を請求を行うことができます。

【対象となるケース】

遺留分を侵害されている相続人が、遺留分を請求したいと考える場合

【手続先】

遺産を多く取得した相続人や遺贈を受けた方

【手続きに関する説明】

家庭裁判所へ申し立てる必要はないため、相手方(遺産を多く取得した相続人や遺贈を受けた方)に意思表示をすることで足ります。
ただし、遺留分に関する手続きは非常に難しいため、専門家へご相談することをお勧めします。