行政書士の仕事について、ご紹介します。
行政書士は、いわゆる士業といわれる資格のうちの1つです。士業には8つの資格があります。

8つの士業とは?

いわゆる士業には、次の8つの資格があります。
それぞれ専門分野(独占業務)が定められています。

①弁護士
訴訟手続きなど法律事務全般を行うことができます。
「法律のプロ」といえば、弁護士です。士業の中で、最も知名度が高いです。
そのため、士業の資格試験の中でも難易度は最も高く、登録費用等のコストも他士業に比べて多くかかります。

②司法書士
登記代理、裁判所・検察庁・法務局に提出する書類作成や、簡易裁判所代理業務などを行うことができます。
司法書士は「登記のプロ」といえます。

③行政書士
官公署に提出する書類の作成、権利義務・事実証明に関する書類の作成などを行うことができます。
行政書士は「書類作成のプロ」といえます。

④土地家屋調査士
不動産の表示に関する登記申請代理などを行うことができます。
土地家屋調査士は、「不動産のプロ」といえます。

⑤弁理士
特許等に関する特許庁などの機関への手続き代理などを行うことができます。
弁理士は「特許のプロ」といえます。

⑥海事代理士
海事に関する行政機関への申請、届出、登記その他の手続き代理などを行うことができます。
海事代理士は、「海事手続のプロ」といえます。

⑦税理士
税務代理などを行うことができます。会社に顧問税理士がいるケースが多いため、比較的なじみのある士業です。
税理士は「税務のプロ」といえます。

⑧社会保険労務士
労働社会保険諸法令に基づく申請代理などを行うことができます。
会社に顧問社会保険労務士がいて、労働関係の面談等の対応をしている場合もあるため、税理士と同様比較的なじみのある士業といえます。

上記のとおり、各士業にはそれぞれ独占業務があり、他の士業が行った場合、法令違反となり懲戒処分を受けることになります。

行政書士についてもっと詳しく!

行政書士は、上述の通り「書類作成のプロ」です。
具体的には、建設業や飲食業などの許認可申請書類、契約書、遺言書等の書類を作成することができます。
近年、相続に関する法改正もあって、特に相続や遺言書に関する業務が増える見込みであるため、人気の職業といえるでしょう。

仕事のスタイルとしては、「行政書士法人に勤務する」又は「個人事務所を開業する」のいずれかです。
一般企業に、顧問行政書士という形ではいられないため、法人に勤務したいという場合は行政書士法人の求人を探すことになります。
ただし、行政書士法人の求人はかなり少ないため、行政書士の9割以上が個人事務所を開業しています。