当事務所では、民事信託について取り扱っております。

民事信託とは?

法律上の定義はありませんが、家族の財産の管理・処分や遺産・事業の承継等のために信託を用いるものを「民事信託」といいます(「家族信託」ともいわれます)。
典型的な例としては、高齢者や障がい者の権利・利益の保護のための財産管理や遺産の承継を信託によって行うものがあげられます。
遺言書では実現できないことも、民事信託を活用すると実現することができるといわれています。

次のようなお悩みはありませんか?

  • 老後、病気や認知症になった場合には、自分の財産から治療費や介護費を支払いたい。
  • 相続予定の財産は、分割できない財産しかないため、相続人間で紛争となるおそれがある。
  • 障がいのある子どもがいて、親の死後、財産の管理ができないため、子どものために財産を管理してほしい。
  • 亡くなった妻との間の子どもだけでなく、内縁の妻にも財産を相続させたい。
  • 子どもがいないため、配偶者へ相続した後は、自分の兄弟姉妹に先祖代々の財産は承継してもらいたい。
  • 自分の会社を長男に承継してもらいたいが、次男が遺留分を主張してくることが予想される。相続で揉めないように準備しておきたい。
  • お葬式やお墓のことについて、生前にきちんと決めておきたい。

上記のことでお悩みの場合は、ぜひ一度当事務所にお問い合わせください。